Posted on

第一巻 春歌 (上) & 第二卷 春歌 (下)


第一巻  春 歌 上

1 攝政太政大臣 みよし野は山もかすみて白雪のふりにし里に春は來にけり 隠
2 太上天皇 ほのぼのと春こそ空に來にけらし天の香具山かすみたなびく
3 式子内親王 山ふかみ春とも知らぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水 隠
4 宮内卿 かきくらし猶ふる里の雪のうちに跡こそ見えね春は來にけり 隠
5 皇太后宮大夫俊成 今日といへば唐土までも行く春を都にのみと思ひけるかな 隠
6 俊惠法師 春といへば霞みにけりな昨日まで波間に見えし淡路島山 隠
7 西行法師 岩間とぢし氷も今朝は解けそめて苔のした水道もとむらむ 隠
8 よみ人知らず 風まぜに雪は降りつつしかすがに霞たなびき春は來にけり
9 よみ人知らず 時はいまは春になりぬとみ雪ふる遠き山べにかすみたなびく
10 權中納言国信 春日野の下萌えわたる草のうへにつれなく見ゆる春のあわ雪 隠


11 山部赤人 明日からは若菜摘まむとしめし野に昨日も今日も雪は降りつつ 隠
12 壬生忠見 春日野の草はみどりになりにけり若菜摘まむと誰かしめけむ 隠
13 前參議教長 若菜摘む袖とぞ見ゆるかすが野の飛火の野邊の雪のむらぎえ 隠
14 紀貫之 行きて見ぬ人も忍べと春の野のかたみにつめる若菜なりけり 隠
15 皇太后宮大夫俊成 澤に生ふる若菜ならねど徒らに年をつむにも袖は濡れけり
16 皇太后宮大夫俊成 さざ波や志賀の濱松ふりにけり誰が世に引ける子日なるらむ
17 藤原家隆朝臣 谷河のうち出づる波も聲たてつうぐひすさそへ春の山かぜ 隠
18 太上天皇 鶯の鳴けどもいまだ降る雪に杉の葉しろきあふさかの関
19 藤原仲實朝臣 春來ては花ともみよと片岡の松のうは葉にあわ雪ぞ降る
20 中納言家持 まきもくの檜原のいまだくもらねば小松が原にあわ雪ぞ降る 隠
21 よみ人知らず 今さらに雪降らめやも陽炎のもゆる春日となりにしものを 隠
22 凡河内躬恒 いづれをか花とは分かむふるさとの春日の原にまだ消えぬ雪
23 攝政太政大臣 空はなほかすみもやらず風冴えて雪げにくもる春の夜の月 隠
24 越前 山ふかみなほかげさむし春の月空かきくもり雪は降りつつ
25 左衞門督通光 みしま江や霜もまだひぬ蘆の葉につのぐむほどの春風ぞ吹く 隠
26 藤原秀能 夕月夜しほ滿ちくらし難波江のあしの若葉を越ゆるしらなみ 隠
27 西行法師 降りつみし高嶺のみ雪解けにけり清瀧川の水のしらなみ 隠
28 源重之 梅が枝にものうきほどにちる雪を花ともいわじ春の名だてに 隠
29 山部赤人 あづさゆみはる山近く家居して絶えずききつるうぐいすの聲 隠
30 よみ人知らず 梅が枝に鳴きてうつろふ鶯のはね白たへにあわ雪ぞ降る 隠
31 推明親王 鶯のなみだのつららうちとけてふる巣ながらや春を知るらむ
32 志貴皇子 岩そそぐたるひの上のさ蕨の萌えいづる春になりにけるかな 隠
33 前大僧正慈圓 あまのはら富士の煙の春いろの霞になびくあけぼののそら 隠
34 藤原清輔朝臣 朝がすみふかく見ゆるや煙たつ室の八島のわたりなるらむ 隠
35 後□大寺左大臣 なごの海の霞の間よりながむれば入日をあらふおきつしら浪 隠
36 太上天皇 見わたせば山もとかすむ水無瀬川夕べは秋となにおもひけむ 隠
37 藤原家隆朝臣 霞立つすゑのまつやまほのぼのと波にはなるるよこぐもの空 隠
38 藤原定家朝臣 春の夜の夢のうき橋とだえして峯にわかるるよこぐもの空 隠
39 中務 知るらめやかすみの空をながめつつ花もにほはぬ春を嘆くと 隠
40 藤原定家朝臣 大空は梅のにほひにかすみつつくもりもはてぬ春の夜の月 隠
41 宇治前關白太政大臣 折られけりくれなゐ匂ふ梅の花今朝しろたへに雪は降れれど 隠
42 藤原敦家朝臣 あるじをば誰ともわかず春はただ垣根の梅をたづねてぞ見る 隠
43 源俊頼朝臣 心あらばとはましものを梅が香にたが里よりか匂ひきつらむ 隠
44 藤原定家朝臣 梅の花にほひをうつす袖のうへに軒漏る月のかげぞあらそふ 隠
45 藤原家隆朝臣 梅が香にむかしをとへば春の月こたへぬかげぞ袖にうつれる 隠
46 右衞門督通具 梅のはな誰が袖ふれしにほひぞと春や昔の月にとはばや 隠
47 皇太后宮大夫俊成女 梅の花あかぬ色香もむかしにておなじかたみの春の夜の月 隠
48 權中納言定頼 來ぬ人によそへて見つる梅の花散りなむ後のなぐさめぞなき 隠
49 大貳三位 春ごとに心をしむる花の枝に誰がなほざりの袖か觸れつつ 隠
50 康資王母 梅散らす風も越えてや吹きつらむかをれる雪の袖にみだるる 隠
51 西行法師 とめこかし梅さかりなるわが宿を疎きも人はおりにこそよれ
52 式子内親王 ながめつる今日は昔になりぬとも軒端の梅はわれを忘るな 隠
53 藤原有家朝臣 散りぬればにほひばかりを梅の花ありとや袖に春風の吹く 隠
54 八條院高倉 ひとりのみながめて散りぬ梅の花知るばかりなる人はとひこず 隠
55 大江千里 照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき 隠
56 菅原孝標女 淺みどり花もひとつにかすみつつおぼろに見ゆる春の夜の月 隠
57 源具親 難波潟かすまぬ浪もかすみけりうつるもくもるおぼろ月夜に 隠
58 寂蓮法師 今はとてたのむの雁もうちわびぬおぼろ月夜のあけぼのの空 隠
59 皇太后宮大夫俊成 聞く人ぞなみだは落つるかへる雁なきて行くなるあけぼのの空 隠
60 よみ人知らず 故郷にかへるかりがねさ夜ふけて雲路にまよふ聲きこゆるなり 隠
61 攝政太政大臣 忘るなよたのむの澤をたつ雁も稻葉の風のあきのゆふぐれ 隠
62 攝政太政大臣 歸る雁いまはのこころありあけに月と花との名こそ惜しけれ 隠
63 藤原定家朝臣 霜まよふ空にしをれし雁がねのかへるつばさに春雨ぞ降る 隠
64 大僧正行慶 つくづくと春のながめの寂しきはしのぶにつたふ軒の玉水 隠
65 伊勢 水の面にあや織りみだる春雨や山の緑をなべて染むらむ 隠
66 攝政太政大臣 ときはなる山の岩根にむす苔の染めぬみどりに春雨ぞ降る 隠
67 勝命法師 雨降れば小田のますらをいとまあれや苗代水を空にまかせて 隠
68 凡河内躬恒 春雨の降りそめしよりあをやぎの絲のみどりぞ色まさりける 隠
69 大宰大貳高遠 うちなびき春は來にけり□柳のかげふむ道に人のやすらふ 隠
70 輔仁親王 みよし野のおほ川のべの古柳かげこそ見えね春めきにけり 隠
71 崇□院御歌 嵐吹く岸のやなぎのいなむしろ織りしく波にまかせてぞ見る 隠
72 權中納言公經 高瀬さす六田の淀のやなぎ原みどりもふかくかすむ春かな 隠
73 殷富門院大輔 春風のかすみ吹きとくたえまよりみだれてなびく□柳のいと 隠
74 藤原雅經 しら雲のたえまになびくあをやぎの葛城山に春風ぞ吹く 隠
75 藤原有家朝臣 □柳のいとに玉ぬく白つゆの知らずいく世の春か經ぬらむ 隠
76 宮内卿 薄く濃き野邊のみどりの若草にあとまで見ゆる雪のむらぎえ 隠
77 曾禰好忠 あらを田の去年の古根のふる蓬いまは春べとひこばえにけり
78 壬生忠見 燒かずとも草はもえなむ春日野をただ春の日に任せたらなむ
79 西行法師 よし野山さくらが枝に雪降りて花おそげなる年にもあるかな 隠
80 藤原隆時朝臣 さくら花咲かばまづ見むと思ふまに日かず經にけり春の山里 隠
81 紀貫之 わが心春の山邊にあくがれてながながし日を今日も暮らしつ 隠
82 藤原家隆朝臣 おもふどちそことも知らず行き暮れぬ花のやどかせ野べの鶯 隠
83 式子内親王 いま桜咲きぬと見えてうすぐもり春に霞める世のけしきかな 隠
84 よみ人知らず 臥して思ひ起きてながむる春雨に花の下紐いかに解くらむ 隠
85 中納言家持 行かむ人來む人しのべ春かすみ立田の山のはつざくら花 隠
86 西行法師 吉野山去年のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 隠
87 寂蓮法師 葛城や高間のさくら咲きにけり立田のおくにかかるしら雲 隠
88 よみ人知らず いそのかみ古き都を來て見れば昔かざしし花咲きにけり 隠
89 源公忠朝臣 春にのみ年はあらなむ荒小田をかへすがへすも花を見るべく
90 道命法師 白雲のたつたの山の八重ざくらいづれを花とわきて折らまし 隠
91 藤原定家朝臣 白雲の春はかさねてたつた山をぐらのみねに花にほふらし 隠
92 藤原家衡朝臣 吉野山はなやさかりに匂ふらむふるさとさらぬ嶺のしらくも
93 藤原雅經 岩根ふみかさなる山を分けすてて花もいくへのあとのしら雲 隠
94 藤原雅經 尋ね來て花に暮らせる木の間より待つとしもなき山の端の月 隠
95 前大僧正慈圓 散り散らず人もたづねぬふるさとの露けき花に春かぜぞ吹く
96 右衞門督通具 いそのかみふる野のさくら誰植ゑて春は忘れぬ形見なるらむ 隠
97 正三位季能 花ぞ見る道のしばくさふみわけて吉野の宮の春のあけぼの
98 藤原有家朝臣 朝日かげにほへる山のさくら花つれなく消えぬ雪かとぞ見る 隠

第二巻  春 歌 下

99 太上天皇 さくら咲く遠山鳥のしだり尾のながながし日もあかぬ色かな 隠
100 皇太后宮大夫俊成 いくとせの春に心をつくし來ぬあはれと思へみよし野の花 隠
101 式子内親王 はかなくて過ぎにしかたを數ふれば花に物思ふ春ぞ經にける 隠
102 京極前關白太政大臣 白雲のたなびく山のやまざくらいづれを花と行きて折らまし 隠
103 權大納言長家 花の色にあまぎるかすみたちまよひ空さへ匂ふ山ざくらかな 隠
104 山部赤人 ももしきの大宮人はいとまあれ櫻かざして今日もくらしつ 隠
105 在原業平朝臣 花にあかぬ歎はいつもせしかども今日の今宵に似る時は無し 隠
106 凡河内躬恒 いもやすくねられざりけり春の夜は花の散るのみ夢にみつつ
107 伊勢 山ざくら散りてみ雪にまがひなばいづれか花と春にとはなむ
108 紀貫之 わが宿の物なりながら櫻花散るをばえこそとどめざりけれ
109 よみ人知らず 霞たつ春の山邊にさくら花あかず散るとやうぐひすの鳴く 隠
110 山部赤人 春雨はいたくな降りそさくら花まだ見ぬ人に散らまくも惜し 隠
110b 中納言家持 ふるさとに花はちりつつみよしののやまのさくらはまださかずけり
111 紀貫之 花の香にころもはふかくなりにけり木の下かげの風のままに 隠
112 皇太后宮大夫俊成女 風かよふ寝ざめの袖の花の香にかをるまくらの春の夜の夢
113 藤原家隆朝臣 この程は知るも知らぬも玉鉾の行きかふ袖は花の香ぞする
114 皇太后宮大夫俊成 またや見む交野のみ野のさくらがり花の雪散る春のあけぼの 隠
115 祝部成仲 散り散らずおぼつかなきは春霞たつたの山のさくらなりけり 隠
116 能因法師 山里の春の夕ぐれ來て見ればいりあひのかねに花ぞ散りける 隠
117 惠慶法師 櫻散る春の山べは憂かりけり世をのがれにと來しかひもなく 隠
118 康資王母 山ざくら花のした風吹きにけり木のもとごとの雪のむらぎえ 隠
119 源重之 はるさめのそほふる空のをやみぜず落つる涙に花ぞ散りける 隠
120 源重之 雁がねのかへる羽風やさそふらむ過ぎ行くみねの花も殘らぬ
121 源具親 時しもあれたのむの雁のわかれさへ花散るころのみ吉野の里 隠
122 大納言經信 山ふかみ杉のむらだち見えぬまでをのへの風に花の散るかな 隠
123 大納言師頼 木のもとの苔の緑も見えぬまで八重散りしけるやまざくらかな 隠
124 左京大夫顯輔 ふもとまで尾上の櫻ちり來ずはたなびく雲と見てや過ぎまし
125 刑部卿範兼 花散ればとふ人まれになりはてていとひし風の音のみぞする 隠
126 西行法師 ながむとて花にもいたく馴れぬれば散る別れこそ悲しかりけれ 隠
127 越前 山里の庭よりほかの道もがな花ちりぬやと人もこそ訪へ
128 宮内卿 花さそふ比良の山風ふきにけり漕ぎ行く舟のあと見ゆるまで 隠
129 宮内卿 あふさかやこずゑの花をふくからに嵐ぞかすむ關の杉むら
130 二條院讃岐 山たかみ峯の嵐に散る花の月にあまぎるあけがたのそら 隠
131 崇□院御歌 山たかみ岩根の櫻散る時はあまの羽ごろも撫づるとぞ見る 隠
132 刑部卿頼輔 散りまがふ花のよそめはよし野山あらしにさわぐみねの白雲 隠
133 太上天皇 みよし野の高嶺のさくら散りにけり嵐もしろき春のあけぼの
134 藤原定家朝臣 櫻色の庭のはるかぜあともなし訪はばぞ人の雪とだにみむ 隠
135 太上天皇 今日だにも庭を盛とうつる花消えずはありとも雪かとも見よ
136 攝政太政大臣 さそはれぬ人のためとやのこりけむ明日よりさきの花の白雪
137 式子内親王 八重にほふ軒端の櫻うつろひぬ風よりさきに訪ふ人もがな 隠
138 推明親王 つらきかなうつろふまでに八重櫻とへともいはで過ぐるこころは
139 藤原家隆朝臣 さくら花夢かうつつか白雲のたえてつねなきみねの春かぜ 隠
140 皇太后宮大夫俊成女 恨みずやうき世を花のいとひつつ誘ふ風あらばと思ひけるをば
141 後□大寺左大臣 はかなさをほかにもいはじ櫻花咲きては散りぬあはれ世の中 隠
142 俊惠法師 ながむべき殘の春をかぞふれば花とともにも散るなみだかな 隠
143 殷富門院大輔 花もまたわかれむ春は思ひ出でよ咲き散るたびの心づくしを 隠
144 左近中將良平 散るはなのわすれがたみの峰の雲そをだにのこせ春のやまかぜ
145 藤原雅經 花さそふなごりを雲に吹きとめてしばしはにほへ春の山風 隠
146 後白河院御歌 惜しめども散りはてぬれば櫻花いまはこずゑを眺むばかりぞ
147 攝政太政大臣 吉野山花のふるさとあと絶えてむなしき枝にはるかぜぞ吹く 隠
148 大納言經信 ふるさとの花の盛は過ぎぬれどおもかげさらぬ春の空かな 隠
149 式子内親王 花は散りその色となくながむればむなしき空にはるさめぞ降る 隠
150 清原元輔 誰がためか明日は殘さむ山ざくらこぼれて匂へ今日の形見に
151 中納言家持 からびとの舟を浮かべて遊ぶてふ今日ぞわがせこ花かづらせよ
152 坂上是則 花流す瀬をも見るべき三日月のわれて入りぬる山のをちかた 隠
153 良暹法師 尋ねつる花もわが身もおとろへて後の春ともえこそ契らね 隠
154 寂蓮法師 思ひ立つ鳥はふる巣もたのむらむ馴れぬる花のあとの夕暮 隠
155 寂蓮法師 散りにけりあはれうらみの誰なれば花のあととふ春の山風
156 權中納言公經 春ふかくたづねいるさの山の端にほの見し雲の色ぞのこれる
157 攝政太政大臣 初瀬山うつろう花に春暮れてまがひし雲ぞ峯にのこれる 隠
158 藤原家隆朝臣 吉野川岸のやまぶき咲きにけり嶺のさくらは散りはてぬらむ 隠
159 皇太后宮大夫俊成 駒とめてなほ水かはむ山吹のはなの露そふ井出の玉川 隠
160 權中納言国信 岩根越すきよたき川のはやければ波をりかくるきしの山吹
161 厚見王 かはづなく神なび川に影見えていまや咲くらむ山吹の花 隠
162 藤原興風 あしびきの山吹の花散りにけり井手のかはづは今や鳴くらむ
162b 山部赤人 戀しくばかたみにせよとわがやどにうゑし藤なみ今さかりなり
163 延喜御歌 かくてこそ見まくほしけれよろづ代をかけてにほへる藤波の花 隠
164 天暦御歌 圓居して見れどもあかぬ藤浪のたたまく惜し今日にある哉
165 紀貫之 暮れぬとは思ふものから藤の花咲けるやどには春ぞひさしき 隠
166 紀貫之 みどりなる松にかかれる藤なれどおのが頃とぞ花は咲きける
167 藤原道信朝臣 散り殘る花もやあるとうちむれてみ山がくれを尋ねてしがな 隠
168 大僧正行尊 木の下のすみかも今は荒れぬべし春し暮れなば誰か訪ひこむ 隠
169 寂蓮法師 暮れて行く春のみなとは知らねども霞に落つる宇治のしば舟 隠
170 藤原伊綱 來ぬまでも花ゆゑ人の待たれつる春も暮れぬとみ山邊の里 隠
171 皇太后宮大夫俊成女 いそのかみふるのわさ田をうち返し恨みかねたる春の暮れかな 隠
172 よみ人知らず 待てといふに留らぬ物と知りながら強ひてぞ惜しき春の別は 隠
173 宮内卿 柴の戸をさすや日かげのなごりなく春暮れかかる山の端の雲 隠
174 攝政太政大臣 明日よりは志賀の花園まれにだに誰かは訪はむ春のふるさと 隠

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s