Posted on

第三巻 夏歌


第三巻  夏 歌

175 持統天皇御歌 春過ぎて夏來にけらししろたへの衣ほすてふあまのかぐ山 隠

176 素性法師 惜しめどもとまらぬ春もあるものをいはぬにきたる夏衣かな 隠

177 前大僧正慈圓 散りはてて花のかげなきこのもとにたつことやすき夏衣かな 隠

178 源道濟 夏衣きていくかにかなりぬらむのこれるはなはきょうもちりつつ 隠

179 皇太后宮大夫俊成女 折りふしもうつればかへつ世の中の人のこころの花染の袖 隠

180 白河院御歌 卯の花のむらむら咲ける垣根をば雲間の月のかげかとぞ見る 隠

181 大宰大貳重家 卯の花の咲きぬる時はしろたへの波もてゆへる垣根とぞ見る 隠

182 式子内親王 忘れめやあふひを草にひき結びかりねの野邊の露のあけぼの 隠

183 小侍從 いかなればそのかみ山のあふひ草年は經れども二葉なるらむ 隠

184 藤原雅經 野邊はいまだ淺香の沼に刈る草のかつみるままに茂る頃かな 隠

185 持賢門院安藝 櫻あさのをふの下草しげれただあかで別れし花の名なれば 隠

186 曾禰好忠 花散りし庭の木の間もしげりあひてあまてる月の影ぞ稀なる 隠

187 曾禰好忠 かりにくと恨みし人の絶えにしを草葉につけてしのぶ頃かな 隠

188 藤原元眞 夏草は茂りにけりなたまぼこの道行き人もむすぶばかりに 隠

189 延喜御歌 夏草は茂りにけれどほととぎすなどわがやどに一聲もせぬ 隠

190 柿本人麿 なく聲をえやは忍ばぬほととぎす初卯の花のかげにかくれて 隠

191 紫式部 郭公こゑ待つほどはかた岡の森のしづくに立ちや濡れまし 隠

192 辨乳母 郭公み山出づるなるはつこゑをいづれの里のたれか聞くらむ 隠

193 よみ人知らず 五月山卯の花月夜ほととぎす聞けども飽かずまたなかむかも

194 よみ人知らず おのがつま戀ひつつ鳴くや五月やみ神なび山の山ほととぎす 隠

195 中納言家持 郭公一こゑ鳴きていぬる夜はいかでか人のいをやすくぬる

196 大中臣能宣朝臣 郭公鳴きつつ出づるあしびきのやまと撫子咲きにけらしな

197 大納言經信 ニ聲と鳴きつと聞かば郭公ころもかたしきうたた寝はせむ 隠

198 白河院御歌 郭公まだうちとけぬしのびねは來ぬ人を待つわれのみぞ聞く 隠

199 花園左大臣 聞きてしも猶ぞ寝られぬほととぎす待ちし夜頃の心ならひに 隠

200 前中納言匡房 卯の花のかきねならねど時鳥月のかつらのかげになくなり 隠

201 皇太后宮大夫俊成 むかし思ふ草のいほりのよるの雨涙な添へそ山ほととぎす 隠

202 皇太后宮大夫俊成 雨そそぐ花たちばなに風すぎてやまほととぎす雲に鳴くなり 隠

203 相模 聞かでただ寝なましものを郭公なかなかなりや夜半の一聲 隠

204 紫式部 誰が里も訪ひもや來ると郭公こころのかぎり待ちぞわびにし 隠

205 周防内侍 夜をかさね待ちかね山のほととぎす雲居のよそに一聲ぞ聞く 隠

206 按察使公通 二聲と聞かずは出でじ郭公いく夜あかしのとまりなりとも 隠

207 民部卿範光 郭公なほひとこゑはおもひ出でよ老曾の森の夜半のむかしを

208 八條院高倉 ひとこゑはおもひぞあへぬ郭公たそがれどきの雲のまよひに 隠

209 攝政太政大臣 有明のつれなく見えし月は出でぬ山郭公待つ夜ながらに 隠

210 皇太后宮大夫俊成 わが心いかにせよとてほととぎす雲間の月の影に鳴くらむ 隠

211 前太政大臣 ほととぎす鳴きているさの山の端は月ゆゑよりもうらめしきかな 隠

212 權中納言親宗 有明の月は待たぬに出でぬれどなほ山ふかきほととぎすかな

212b 顯昭法師 時鳥むかしをかけて忍べとや花のね覺に一こゑぞする 隠

213 藤原保季朝臣 過ぎにけりしのだの森の郭公絶えぬしづくを袖にのこして 隠

214 藤原家隆朝臣 いかにせむ來ぬ夜あまたの郭公またじと思へばむらさめの空 隠

215 式子内親王 聲はして雲路にむせぶほととぎす涙やそそぐ宵のむらさめ 隠

216 權中納言公經 ほととぎす猶うとまれぬ心かな汝がなく里のよその夕ぐれ

217 西行法師 聞かずともここをせにせむほととぎす山田の原の杉のむらだち 隠

218 西行法師 郭公ふかき峰より出でにけり外山のすそに聲の落ち來る 隠

219 後□大寺左大臣 をざさふく賤のまろ屋のかりの戸をあけがたに鳴く郭公かな 隠

220 攝政太政大臣 うちしめりあやめぞかをる郭公啼くやさつきの雨のゆふぐれ 隠

221 皇太后宮大夫俊成 今日はまた菖蒲のねさへかけ添へて亂れぞまさる袖のしら玉 隠

222 大納言經信 あかなくに散りにし花のいろいろは殘りにけりな君が袂に 隠

223 上東門院小少將 なべて世のうきになかるる菖蒲草今日までかかるねはいかが見る 隠

224 紫式部 何ごととあやめはわかで今日もなほ袂に餘るねこそ絶えせね 隠

225 大納言經信 さ苗とる山田のかけひ漏りにけりひくしめ繩に露ぞこぼるる 隠

226 攝政太政大臣 小山田にひくしめ繩のうちはへて朽ちやしらあむ五月雨の頃 隠

227 伊勢大輔 いかばかり田子の裳裾もそぼつらむ雲間も見えぬ頃の五月雨 隠

228 大納言經信 みしま江の入江の眞菰雨降ればいとどしをれて刈る人もなし 隠

229 前中納言匡房 眞菰かる淀の澤水ふかけれどそこまで月のかげはすみけり 隠

230 藤原基俊 玉がしは茂りにけりなさみだれに葉守の神のしめはふるまで 隠

231 入道前關白太政大臣 さみだれはをふの河原の眞菰草からでや波のしたに朽ちなむ 隠

232 藤原定家朝臣 たまぼこのみち行人のことづても絶えてほどふるさみだれの空 隠

233 荒木田氏良 さみだれの雲のたえまをながめつつ窓より西に月を待つかな

234 前大納言忠良 あふち咲くそともの木蔭つゆおちて五月雨晴るる風わたるなり 隠

235 藤原定家朝臣 さみだれの月はつれなきみ山よりひとりも出づる郭公かな 隠

236 太上天皇 郭公くもゐのよそに過ぎぬなり晴れぬおもひのさみだれの頃

237 二條院讃岐 五月雨の雲間の月の晴れゆくを暫し待ちけるほととぎすかな 隠

238 皇太后宮大夫俊成 たれかまた花橘におもひ出でむわれもむかしの人となりなば 隠

239 右衞門督通具 行くすゑをたれしのべとて夕風に契りかおかむ宿のたちばな

240 式子内親王 かへり來ぬむかしを今とおもひ寝の夢の枕に匂ふたちばな 隠

241 前大納言忠良 たちばなの花散る軒のしのぶ草むかしをかけて露ぞこぼるる 隠

242 前大僧正慈圓 さつきやみみじかき夜半のうたたねに花橘のそでに涼しき 隠

243 よみ人知らず 尋ぬべき人は軒端のふるさとにそれかとかをる庭のたちばな 隠

244 よみ人知らず 郭公はなたちばなの香をとめて鳴くはむかしの人や戀しき 隠

244b 増基法師 郭公花たち花のかばかりに鳴くやむかしの名殘なるらむ 隠

245 皇太后宮大夫俊成女 橘のにほふあたりのうたたねは夢もむかしのそでの香ぞする 隠

246 藤原家隆朝臣 ことしより花咲き初むる橘のいかでむかしの香に匂ふらむ 隠

247 藤原定家朝臣 夕ぐれはいづれの雲のなごりとて花たちばなに風の吹くらむ

248 權中納言国信 郭公さつきみなづきわきかねてやすらふ聲ぞそらに聞ゆる 隠

249 白河院御歌 庭のおもは月漏らぬまでなりにけり梢に夏のかげしげりつつ 隠

250 惠慶法師 わが宿のそともに立てる楢の葉のしげみに涼む夏は來にけり 隠

251 前大僧正慈圓 鵜飼舟あはれとぞ見るもののふのやそ宇治川の夕闇のそら 隠

252 寂蓮法師 鵜飼舟高瀬さし越す程なれやむすぼほれゆくかがり火の影 隠

253 皇太后宮大夫俊成 大井河かがりさし行く鵜飼舟いく瀬に夏の夜を明かすらむ 隠

254 藤原定家朝臣 ひさかたの中なる川の鵜飼舟いかに契りてやみを待つらむ 隠

255 攝政太政大臣 いさり火の昔の光ほの見えてあ�
��やの里に飛ぶほたるかな 隠

256 式子内親王 窓近き竹の葉すさぶ風の音にいとどみじかきうたたねの夢 隠

257 春宮權大夫公繼 窓ちかきいささむら竹風吹けば秋におどろく夏の夜のゆめ

258 前大僧正慈圓 むすぶ手にかげみだれゆく山の井のあかでも月の傾きにける 隠

259 左衞門督通光 清見がた月はつれなき天の戸を待たでもしらむ波の上かな 隠

260 攝政太政大臣 かさねても涼しかりけり夏衣うすきたもとにやどる月かげ 隠

261 藤原有家朝臣 すずしさは秋やかへりてはつせ川ふる川の邊の杉のしたかげ 隠

262 西行法師 道の邊に清水流るる柳かげしばしとてこそ立ちとまりつれ 隠

263 西行法師 よられつる野もせの草のかげろひてすずしく曇る夕立の空 隠

264 藤原清輔朝臣 おのづから涼しくもあるか夏衣ひもゆふぐれの雨のなごりに 隠

265 權中納言公經 露すがる庭のたまざさうち靡きひとむら過ぎぬ夕立の雲 隠

266 源俊頼朝臣 十市には夕立すらしひさかたの天の香具山雲隠れ行く 隠

267 從三位頼政 庭の面はまだかわかぬに夕立の空さりげなく澄める月かな 隠

268 式子内親王 ゆふだちの雲もとまらぬ夏の日のかたぶく山に日ぐらしの聲 隠

269 前大納言忠良 夕づく日さすや庵の柴の戸にさびしくもあるかひぐらしの聲 隠

270 攝政太政大臣 秋近きけしきの森に鳴く蝉のなみだの露や下葉染むらむ 隠

271 二條院讃岐 鳴く蝉のこゑも涼しきゆふぐれに秋をかけたる森のした露 隠

272 壬生忠見 いづちとかよるは螢ののぼるらむ行く方知らぬ草のまくらに 隠

273 攝政太政大臣 螢飛ぶ野澤にしげるあしの根の夜な夜なしたにかよふ秋風 隠

274 俊惠法師 ひさぎおふる片山蔭にしのびつつ吹きけるものを秋の夕風 隠

275 高倉院御歌 白露の玉もて結へるませのうちに光さへ添ふとこなつの花

276 前太政大臣 白露のなさけ置きけることの葉やほのぼの見えし夕顏の花

277 式子内親王 黄昏の軒端の荻にともすればほに出でぬ秋ぞ下にこととふ

278 前大僧正慈圓 雲まよふ夕べに秋をこめながらかぜもほに出でぬ荻のうへかな 隠

279 太上天皇 山里のみねのあまぐもとだえしてゆふべ涼しきまきのした露

280 入道前關白太政大臣 岩井汲むあたりの小笹たま越えてかつがつ結ぶ秋のゆふ露 隠

281 宮内卿 片枝さす麻生の浦梨はつ秋になりもならずも風ぞ身にしむ 隠

282 前大僧正慈圓 夏衣かたへ涼しくなりぬなり夜や更けぬらむゆきあひの空 隠

283 壬生忠岑 夏はつる扇と秋のしら露といづれかまづはおきまさるらむ 隠

284 紀貫之 みそぎする河の瀬見れば唐衣ひもゆふぐれに波ぞたちける 隠

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s