Posted on

第八巻 哀 傷 歌


第八巻 哀 傷 歌

757 僧正遍昭 末の露もとの雫や世の中のおくれさきだつためしなるらむ 隠

758 小野小町 あはれなりわが身のはてやあさ緑つひには野べの霞と思へば 隠

759 中納言兼輔 櫻散る春の末にはなりにけりあままも知らぬながめせしまに 隠

760 藤原實方朝臣 墨染のころもうき世の花盛をり忘れても折りてけるかな 隠

761 藤原道信朝臣 あかざりし花をや春も戀つらむありし昔をおもひ出でつつ 隠

762 成尋法師 花ざくらまだ盛にて散りにけむなげきのもとを思ひこそやれ

763 大江嘉言 花見むと植ゑけむ人もなき宿のさくらは去年の春ぞ咲かまし 隠

764 左京大夫顯輔 誰もみな花のみやこに散りはててひとりしぐるる秋のやま里 隠

765 後□大寺左大臣 花見てはいとど家路ぞ急がれぬ待ちつらむと思ふ人しなければ 隠

766 攝政太政大臣 春霞かすみし空のなごりさへ今日をかぎりの別なりけり 隠

767 前左兵衞督惟方 立ちのぼる煙をだにも見るべきに霞にまがふ春のあけぼの 隠

768 大宰大貳重家 形見とて見れば歎のふかみぐさ何なかなかのにほひなるらむ 隠

769 高陽院木綿四手 あやめ草たれ忍べとか植ゑ置きて蓬がもとの露と消えけむ 隠

770 上西門院兵衞 今日くれどあやめも知らぬ袂かな昔を戀ふるねのみかかりて 隠

771 九條院 菖蒲草引きたがへたる袂にはむかしを戀ふるねぞかかりける 隠

772 皇嘉門院 さもこそはおなじ袂の色ならめ變らぬねをもかけてけるかな 隠

773 小野宮右大臣實資 よそなれど同じ心ぞ通ふべきたれもおもひの一つならねば

774 藤原爲頼朝臣 一人にもあらぬおもひはなき人も旅の空にや悲しかるらぬ

775 和泉式部 置くと見し露もありけりはかなくて消えにし人を何に譬へむ 隠

776 上東門院 思ひきやはかなく置きし袖の上の露を形見にかけむものとは 隠

777 周防内侍 浅茅原はかなく置きし草の上の露をかたみと思ひかけきや 隠

778 女御徽子女王 袖にさへ秋のゆうべは知られけり消えし浅茅が霧をかけつつ 隠

779 一條院御歌 秋風の露のやどりに君を置きてちりを出でぬることぞかなしき

780 大貳三位 別れけむなごろの袖もかわかぬに置きや添ふらむ秋の夕露 隠

781 よみ人知らず 置き添ふる露とともには消えもせで涙にのみも浮き沈むかな 隠

782 清愼公關白實頼 女郎花見るに心はなぐさまでいとどむかしの秋ぞこひしき 隠

783 和泉式部 ねざめする身を吹きとほす風の音を昔は袖のよそに聞きけむ

784 知足院入道前關白太政大臣 袖ぬらす萩の上葉の露ばかりむかしわすれぬ蟲の音ぞする 隠

785 權中納言俊忠 さらでだに露けき嵯峨の野邊に來て昔の跡にしをれぬるかな 隠

786 後□大寺左大臣 悲しさは秋のさが野のきりぎりすなほ古里に音をや鳴くらむ 隠

787 皇太后宮大夫俊成女 今はさはうき世のさがの野邊をこそ露消えはてし跡と忍ばめ 隠

788 藤原定家朝臣 玉ゆらの露もなみだもとどまらず亡き人戀ふるやどの秋風 隠

789 藤原秀能 露をだに今をかたみの藤ごろもあだにも袖を吹くあらしかな 隠

790 殷富門院大輔 秋深き寝覺にいかがおもひ出づるはかなく見えし春の夜の夢

791 土御門内大臣 見し夢を忘るる時はなけれども秋の寝覺はげにぞかなしき

792 大納言實家 馴れし秋のふけし夜床はそれながら心の底の夢ぞかなしき 隠

793 西行法師 朽ちもせぬその名ばかりをとどめ置きて枯野の薄形見にぞ見る 隠

794 前大僧正慈圓 ふるさとを戀ふる涙やひとり行く友なき山のみちしばの露 隠

795 皇太后宮大夫俊成 うき世には今はあらしの山風にこれや馴れ行くはじめなるらむ 隠

796 皇太后宮大夫俊成 稀にくる夜半もかなしき松風を絶えずや苔のしたに聞くらむ 隠

797 久我太政大臣 物思へば色なき風もなかりけり身にしむ秋のこころならひに 隠

798 (よみ人知らず) 故郷をわかれし秋をかぞふれば八とせになりぬありあけの月 隠

799 能因法師 命あればことしの秋も月は見つわかれし人に逢ふよなきかな 隠

800 前大納言公任 今日來ずは見でややみなむ山里の紅葉も人も常ならぬよに

801 太上天皇 思ひ出づる折りたく柴の夕煙むせぶもうれし忘れがたみに 隠

802 前大僧正慈圓 思ひ出づる折りたく柴と聞くからにたぐひも知らぬ夕煙かな 隠

803 太上天皇 亡き人のかたみの雲やしぐるらむゆふべの雨にいろはみえねど 隠

804 相模 神無月しぐるる頃もいかなれや空に過ぎにし秋のみや人 隠

805 土御門右大臣女 手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見になりにけるかな 隠

806 馬内侍 尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり 隠

807 女御徽子女王 いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ 隠

808 藤原道信朝臣 ほしもあへぬ衣の闇にくらされて月ともいはずまどひぬるかな

809 東三條院 水底に千々の光はうつれども昔のかげは見えずぞありける

810 源信明朝臣 物をのみ思ひ寝覺のまくらには涙かからぬあかつきぞなき 隠

811 上東門院 逢ふ事も今はなきねの夢ならでいつかは君をまたは見るべき 隠

812 女御藤原生子 憂しとては出でにし家を出でぬなりなど故郷にわが歸りけむ

812b 和泉式部 誰なりとおくれ先だつ程あらば形見に思へ水ぐきの跡

813 源道濟 はかなしといふにもいとど涙のみかかるこの世を頼みけるかな 隠

814 (よみひとしらず) 故郷に行く人もがな告げやらむ知らぬ山路にひとりまどふと 隠

814b 盛明親王 世の中のはかなき事を見る比はねなくに夢の心地こそすれ

815 權大納言長家 玉の緒の長きためしにひく人も消ゆれば露にことならぬかな

816 和泉式部 戀ひわぶと聞きにだに聞け鐘の音にうち忘らるる時の間ぞなき

817 紫式部 誰か世にながらへて見む書きとめし跡は消えせぬ形見なれども 隠

818 加賀少納言 亡き人を忍ぶることもいつまでぞ今日の哀は明日のわが身よ 隠

819 律師慶暹 亡き人の跡をだにとて來て見ればあらぬさまにもなりにけるかな 隠

820 紫式部 見し人の煙になりしゆうべより名ぞむつまじき鹽竈のうら 隠

821 辨乳母 あはれ君いかなる野邊の煙にてむなしき空の雲となりけむ

822 源三位 思へ君燃えしけぶりにまがひなで立ちおくれたる春の霞を

823 能因法師 あはれ人今日のいのちを知らませば難波の葦に契らざらまし

824 大江匡衡朝臣 夜もすがら昔のことを見つるかな語るやうつつありし世や夢

825 新少將 うつりけむ昔の影やのこるとて見るにおもひのます鏡かな 隠

826 按察使公通 書きとむる言の葉のみぞみづぐきの流れてとまる形見なりける 隠

827 中院右大臣 有栖川おなじながれはかはらねど見しや昔のかげぞ忘れぬ 隠

828 皇太后宮大夫俊成 限りなき思のほどの夢のうちはおどろかさじと歎きこしかな 隠

829 攝政太政大臣 見し夢にやがてまぎれぬ吾身こそ問はるる今日もまづ悲しけれ 隠

830 藤原清輔朝臣 世の中は見しも聞きしもはかなくてむなしき空の煙なりけり 隠

831 西行法師 いつ歎きいつ思ふべきことなれば後の世知らで人の過ぐらむ

832 前大僧正慈圓 皆人の知りがほにして知らぬかな必ず死ぬるならひありとは 隠

833 前大僧正慈圓 昨日見し人はいかにと驚けどなほながき夜の夢にぞありける 隠

834 前大僧正慈圓 蓬生にいつか置くべき露の身は今日のゆふぐれ明日のあけぼの

835 前大僧正慈圓 我もいつぞあらましかばと身し人を忍ぶとすればいとど添ひ行く 隠

836 寂蓮法師 尋ね來ていかにあはれとながむら�
��跡なき山の峯のしら雲 隠

837 西行法師 亡き跡の面影をのみ身に添へてさこそは人の戀しかるらめ 隠

838 西行法師 哀とも心に思ふほどばかりいはれぬべくは問ひこそはせめ 隠

839 入道左大臣 つくづくと思へば悲しいつまでか人の哀をよそに聞くべき

840 土御門内大臣 おくれゐて見るぞ悲しきはかなさをうき身の跡となに頼みけむ 隠

841 前大僧正慈圓 そこはかと思ひつづけて來て見れば今年の今日も袖は濡れけり 隠

842 右大將忠經 たれもみな涙の雨にせきかねぬ空もいかがはつれなかるべき 隠

843 法橋行遍 見し人は世にもなぎさの藻鹽草かき置くたびに袖ぞしをるる

844 祝部成仲 あらざらむ後忍べとや袖の香を花たちばなにとどめ置きけむ

845 藤原兼房朝臣 ありし世に暫しも見ではなかりしをあはれとばかりいひて止みぬる

846 權中納言通俊 問へかしな片しく藤の衣手になみだのかかる秋の寝覺を 隠

847 權中納言國信 君なくてよるかたもなき□柳のいとどうき世ぞおもひ亂るる 隠

848 左京大夫顯輔 いつのまに身を山がつになしはてて都を旅と思ふなるらむ 隠

849 柿本人麿 久方のあめにしをるる君ゆゑに月日も知らで戀ひわたるらむ 隠

850 小野小町 あるはなくなきは數添ふ世の中にあはれいづれの日まで歎かむ 隠

851 在原業平朝臣 白玉か何ぞと人の問ひしとき露とこたへて消なましものを

852 延喜御歌 年經ればかくもありけり墨染のこは思ふてふそれかあらぬか

853 中納言兼輔 亡き人をしのびかねては忘草おほかる宿にやどりをぞする

854 藤原季繩 悔しくぞ後に逢はむと契りける今日を限といはましものを 隠

855 中務卿具平親王 墨染のそでは空にもかさなくにしぼりもあへず露ぞこぼるる 隠

856 紫式部 暮れぬまの身をば思はで人の世の哀を知るぞかつははかなき

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s