Posted on

第六巻 冬歌


551 皇太后宮大夫俊成 おきあかす秋のわかれの袖の露霜こそむすべ冬や來ぬらむ 隠

552 藤原高光 神無月風にもみぢの散る時はそこはかとなくものぞ悲しき 隠

553 源重之 名取川やなせの浪ぞ騒ぐなる紅葉やいとどよりてせくらむ 隠

554 藤原資宗朝臣 いかだ士よ待てこと問はむ水上はいかばかり吹く山の嵐ぞ 隠

555 大納言經信 散りかかる紅葉流れぬ大井河いづれゐぜきの水のしがらみ 隠

556 藤原家經朝臣 高瀬舟しぶくばかりにもみぢ葉の流れてくだる大井河かな 隠

557 源俊頼朝臣 日暮るれば逢ふ人もなしまさき散る峯の嵐の音ばかりして 隠

558 藤原清輔朝臣 おのづから音するものは庭の面に木の葉吹きまく谷の夕風 隠

559 前大僧正慈圓 木の葉散る宿にかたしく袖の色をありとも知らでゆく嵐かな 隠

560 右衞門督通具 木の葉散るしぐれやまがふわが袖にもろき涙の色と見るまで

561 藤原雅經 移りゆく雲にあらしの聲すなり散るかまさ木のかづらきの山 隠

562 七條院大納言 初時雨しのぶの山のもみぢ葉を嵐吹けとは染めずやありけむ

563 信濃 しぐれつつ袖もほしあへずあしびきの山の木の葉に嵐吹くころ

564 藤原秀能 山里の風すさまじきゆふぐれに木の葉みだれてものぞ悲しき

565 祝部成茂 冬の來て山もあらはに木の葉降りのこる松さへ峯にさびしき 隠

566 宮内卿 からにしき秋のかたみやたつた山散りあへぬ枝に嵐吹くなり 隠

567 藤原資隆朝臣 時雨かと聞けば木の葉の降るものをそれにも濡るるわが袂かな

568 法眼慶算 時しもあれ冬は葉守の神無月まばらになりぬもりの柏木

569 津守國基 いつのまに空のけしきの變るらむはげしき今朝の木枯の風 隠

570 西行法師 月を待つたかねの雲は晴れにけりこころあるべき初時雨かな 隠

571 前大僧正覺忠 神無月木々の木の葉は散りはてて庭にぞ風のおとは聞ゆる 隠

572 藤原清輔朝臣 柴の戸に入日の影はさしながらいかにしぐるる山邊なるらむ 隠

573 藤原隆信朝臣 雲晴れてのちもしぐるる柴の戸や山風はらふ松のしたつゆ 隠

574 よみ人知らず 神無月しぐれ降るらし佐保山のまさきのかづら色まさりゆく 隠

575 中務卿具平親王 こがらしの音に時雨を聞きわかで紅葉にぬるる袂とぞ見る 隠

576 中納言兼輔 時雨降る音はすれども呉竹のなどよとともに色もかはらぬ 隠

577 能因法師 時雨の雨染めかねてけり山城のときはの杜のまきの下葉は 隠

578 清原元輔 冬を淺みまだき時雨とおもひしを堪へざりけりな老の涙も

579 後白河院御歌 まばらなる柴のいほりに旅寝して時雨に濡るるさ夜衣かな 隠

580 前大僧正慈圓 やよ時雨もの思ふ袖のなかりせば木の葉の後に何を染めまし 隠

581 太上天皇 深緑あらそひかねていかならむ間なくしぐれのふるの神杉 隠

582 柿本人麿 時雨の雨まなくし降ればまきの葉も争ひかねて色づきにけり 隠

583 和泉式部 世の中に猶もふるかなしぐれつつ雲間の月のいでやと思へど

584 ニ條院讃岐 折こそあれながめにかかる浮雲の袖も一つにうちしぐれつつ 隠

585 西行法師 秋篠やとやまの里やしぐるらむ生駒のたけに雲のかかれる 隠

586 道因法師 晴れ曇り時雨は定めなき物をふりはてぬるはわが身なりけり 隠

587 源具親 今はまた散らでもながふ時雨かなひとりふりゆく庭の松風 隠

588 俊惠法師 み吉野の山かき曇り雪ふればふもとの里はうちしぐれつつ 隠

589 入道左大臣 まきの屋に時雨の音のかはるかな紅葉や深く散り積るらむ 隠

590 ニ條院讃岐 世にふるは苦しきものをまきの屋にやすくも過ぐる初時雨かな 隠

591 源信明朝臣 ほのぼのと有明の月の月影に紅葉吹きおろす山おろしの風 隠

592 中務卿具平親王 もみぢ葉をなに惜しみけむ木の間より漏りくる月は今宵こそ見れ

593 宜秋門院丹後 吹きはらふ嵐の後の高峰より木の葉くもらで月や出づらむ 隠

594 右衞門督通具 霜こほる袖にもかげは殘りけり露より馴れしありあけの月 隠

595 藤原家隆朝臣 ながめつついくたび袖にくもるらむ時雨にふくる有明の月 隠

596 源泰光 さだめなくしぐるる空の叢雲にいくたび同じ月を待つらむ

597 源具親 今よりは木の葉がくれもなけれども時雨に殘るむら雲の月

598 源具親 晴れ曇る影をみやこにさきだててしぐると告ぐる山の端の月 隠

599 寂蓮法師 たえだえに里わく月のひかりかな時雨をおくる夜半のむら雲 隠

600 良暹法師 今はとて寝なましものをしぐれつる空とも見えず澄める月かな 隠

601 曾禰好忠 露霜の夜半におきゐて冬の月見るほどに袖はこほりぬ 隠

602 前大僧正慈圓 もみぢ葉はおのが染めたる色ぞかしよそげに置ける今朝の霜かな 隠

603 西行法師 をぐら山ふもとの里に木の葉散れば梢に晴るる月を見るかな 隠

604 藤原雅經 秋の色をはらひはててやひさかたの月の桂に木からしの風 隠

605 式子内親王 風さむみ木の葉晴ゆく夜な夜なにのこる隅なき庭の月かげ 隠

606 殷富門院大輔 我が門の刈田のおもにふす鴫の床あらはなる冬の夜のつき 隠

607 藤原清輔朝臣 冬枯の森の朽葉の霜のうへに落ちたる月のかげのさむけさ 隠

608 皇太后宮大夫俊成女 冴えわびてさむる枕に影見れば霜ふかき夜のありあけの月 隠

609 右衞門督通具 霜むすぶ袖のかたしきうちとけて寝ぬ夜の月の影ぞ寒けき

610 藤原雅經 影とめし露のやどりを思ひ出でて霜にあととふ淺茅生の月 隠

611 法印幸清 かたしきの袖をや霜にかさぬらむ月に夜がるる宇治の橋姫

612 源重之 夏刈の荻の古枝は枯れにけり群れ居し鳥は空にやあるらむ

613 藤原道信朝臣 さ夜ふけて聲さへ寒きあしたづは幾重の霜か置きまさるらむ 隠

614 太上天皇 冬の夜の長きを送る袖ぬれぬあかつきがたの四方のあらしに

615 攝政太政大臣 笹の葉はみ山もさやにうちそよぎ氷れる霜を吹くあらしかな 隠

616 藤原清輔朝臣 君來ずは一人や寝なむささの葉のみ山もそよにさやぐ霜夜を 隠

617 皇太后宮大夫俊成女 霜がれはそことも見えぬ草の原たれに問はまし秋のなごりを 隠

618 前大僧正慈圓 霜さゆる山田のくろのむら薄刈る人なしにのこるころかな 隠

619 曾禰好忠 草のうへにここら玉ゐし白露を下葉の霜とむすぶ冬かな 隠

620 中納言家持 鵲のわたせる橋に置く霜のしろきを見れば夜ぞ更けにける 隠

621 延喜御歌 しぐれつつ枯れゆく野邊の花なれど霜のまがきに匂ふ色かな 隠

622 中納言兼輔 菊の花手折りては見じ初霜の置きながらこそ色まさりけれ

623 坂上是則 影さへに今はと菊のうつろふは波のそこにも霜や置くらむ 隠

624 和泉式部 野べ見れば尾花がもとの思草かれゆく冬になりぞしにける 隠

625 西行法師 津の國の難波の春は夢なれや蘆のかれ葉に風わたるなり 隠

626 大納言成通 冬深くなりにけらしな難波江の□葉まじらぬ蘆のむらだち 隠

627 西行法師 寂しさに堪へたる人のまたもあれな庵ならべむ冬の山里

628 康資王母 あづま路の道の冬草繁りあひて跡だに見えぬわすれ水かな 隠

629 守覺法親王 むかし思ふさ夜の寝覺の床さえて涙もこほるそでのうへかな 隠

630 守覺法親王 立ちぬるる山のしづくも音絶えてまきの下葉に垂氷しにけり

631 皇太后宮大夫俊成 かつ氷りかつはくだくる山河の岩間にむせぶあかつきの聲 隠

632 攝政太政大臣 消えかへり岩間にまよふ水の泡のしばし宿かる薄氷かな 隠

633 攝政太政大臣 枕にも袖にも涙つららゐてむすばぬ夢をとふあらしかな 隠

634 攝政太政大臣 �
��上やたえだえこほる岩間よりきよたき川にのこるしら波 隠

635 攝政太政大臣 かたしきの袖の氷もむすぼほれとけて寝ぬ夜の夢ぞみじかき 隠

636 太上天皇 橋姫のかたしき衣さむしろに待つ夜むなしき宇治のあけぼの 隠

637 前大僧正慈圓 網代木にいさよふ波の音ふけてひとりや寝ぬる宇治のはし姫 隠

638 式子内親王 見るままに冬は來にけり鴨のゐる入江のみぎは薄氷りつつ 隠

639 藤原家隆朝臣 志賀の浦や遠ざかりゆく波間より氷りて出づるありあけの月 隠

640 皇太后宮大夫俊成 ひとり見る池の氷に澄む月のやがて袖にもうつりぬるかな

641 山部赤人 うばたまの夜のふけ行けば楸おふる清き川原に千鳥鳴くなり 隠

642 伊勢大輔 行く先はさ夜更けぬれど千鳥鳴く佐保の河原は過ぎうかりけり 隠

643 能因法師 夕されば汐風越してみちのくの野田の玉川ちどり鳴くなり 隠

644 源重之 白浪にはねうちかはし濱千鳥かなしきものはよるおひと聲

645 後□大寺左大臣 夕なぎにとわたる千鳥波間より見ゆるこじまの雲に消えぬる 隠

646 祐子内親王家紀伊 浦風に吹上のはまのはま千鳥波立ち來らし夜半に鳴くなり 隠

647 攝政太政大臣 月ぞ澄む誰かはここにきの國や吹上の千鳥ひとり鳴くなり 隠

648 正三位季能 さ夜千鳥聲こそ近くなるみ潟かたぶく月に汐や満つらむ 隠

649 藤原秀能 風吹けばよそになるみのかたおもひ思はぬ浪に鳴く千鳥かな 隠

650 左衞門督通光 浦人のひもゆふぐれになるみ潟かへる袖より千鳥鳴くなり

651 正三位季經 風さゆるとしまが磯のむらちどり立居は波の心なりけり 隠

652 藤原雅經 はかなしやさても幾夜か行く水に數かきわぶる鴛のひとり寝

653 河内 水鳥のかもの浮寝のうきながら浪のまくらにいく夜經ぬらむ

654 湯原王 吉野なるなつみの川の川淀に鴨ぞ鳴くなる山かげにして 隠

655 能因法師 閨のうへに片枝さしおほひ外面なる葉廣柏に霰降るなり

656 法性寺入道前關白太政大臣 さざなみや志賀のから崎風さえて比良の高嶺に霰降るなり 隠

657 柿本人麿 矢田の野に淺茅色づくあらち山嶺のあわ雪寒くぞあるらし 隠

658 瞻西上人 常よりも篠屋の軒ぞうづもるる今日はみやこに初雪や降る 隠

659 藤原基俊 降る雪にまことに篠屋いかならむ今日は都にあとだにもなし

660 權中納言長方 初雪のふるの神杉うづもれてしめゆふ野邊は冬ごもりせり 隠

661 紫式部 ふればかくうさのみまさる世を知らで荒れたる庭に積る初雪 隠

662 式子内親王 さむしろの夜半のころも手さえさえて初雪しろし岡のべの松 隠

663 寂蓮法師 降り初むる今朝だに人の待たれつるみ山の里の雪の夕暮 隠

664 皇太后宮大夫俊成 今日はもし君もや訪ふとながむれどまだ跡もなき庭の雪かな 隠

665 後□大寺左大臣 今ぞ聞くこころは跡もなかりけり雪かきわけて思ひやれども 隠

666 前大納言公任 白山にとしふる雪やつもるらむ夜半にかたしく袂さゆなり

667 刑部卿範兼 明けやらぬねざめの床に聞ゆなりまがきの竹の雪の下をれ 隠

668 高倉院御歌 音羽山さやかにみする白雪を明けぬとつぐる鳥のこゑかな 隠

668d 空仁法師 花の春もみぢの秋もしるかりし松の梢も見えぬ雪哉

669 藤原家經朝臣 山里は道もや見えずなりぬらむ紅葉とともに雪の降るらむ

670 藤原國房 寂しさをいかにせよとて岡べなる楢の葉しだり雪の降るらむ 隠

671 藤原定家朝臣 駒とめて袖うち拂ふかげもなし佐野のわたりの雪のゆふぐれ 隠

672 藤原定家朝臣 待つ人のふもとの道は絶えぬらむ軒端の杉に雪おもるなり 隠

673 藤原有家朝臣 夢かよふ道さへ絶えぬくれたけの伏見の里の雪のしたをれ 隠

674 入道前關白太政大臣 降る雪にたく藻の煙かき絶えてさびしくもあるか鹽がまの浦 隠

675 山部赤人 田子の浦にうち出でて見れば白たへの富士の高嶺に雪は降りつつ 隠

676 紀貫之 雪のみやふりぬとは思ふ山里にわれも多くの年ぞつもれる

677 皇太后宮大夫俊成 雪降れば峯のまさかきうづもれて月にみがける天の香具山 隠

678 小侍從 かき曇りあまぎる雪のふる里を積らぬさきに訪ふ人もがな 隠

679 前大僧正慈圓 庭の雪にわが跡つけて出でつるを訪はれにけりと人は見るらむ 隠

680 前大僧正慈圓 ながむればわが山の端に雪しろし都の人よあわれとも見よ 隠

681 曾禰好忠 冬草のかれにし人のいまさらに雪ふみわけて見えむものかは 隠

682 寂然法師 尋ね來て道わけわぶる人もあらじ幾重もつもれ庭のしら雪 隠

683 太上天皇 このごろは花も紅葉も枝になししばしな消えそ松のしら雪

684 右衞門督通具 草も木も降りまたがへたる雪もよに春待つ梅の花の香ぞする

685 崇□院御歌 御狩する交野のみ野に降る霰あなかままだき鳥もこそ立て 隠

686 法性寺入道前關白太政大臣 御狩すと鳥だちの原をあさりつつ交野の野邊に今日も暮しつ

687 前中納言匡房 御狩野はかつ降る雪にうづもれて鳥立も見えず草がくれつつ 隠

688 左近中將公衡 狩りくらし交野の眞柴折りしきて淀の川瀬の月を見るかな 隠

689 權僧正永縁 中々に消えは消えなで埋火のいきてかひなき世にもあるかな

690 式子内親王 日數ふる雪げにまさる炭竃のけぶりもさびしおほはらの里 隠

691 西行法師 おのづからいはぬを慕ふ人やあるとやすらふほどに歳の暮れぬる 隠

692 上西門院兵衞 かへりては身に添ふものと知りながら暮れ行く年を何慕ふらむ 隠

693 皇太后宮大夫俊成女 へだてゆく世々の面影かきくらし雪とふりぬる年の暮かな 隠

694 大納言隆季 あたらしき年やわが身をとめくらむ隙行く駒に道を任せて

695 俊惠法師 歎きつつ今年も暮れぬ露の命いけるばかりを思出にして 隠

696 小侍從 思ひやれ八十ぢの年の暮なればいかばかりかはものは悲しき 隠

697 西行法師 昔おもふ庭にうき木を積み置きて見し世にも似ぬ年の暮かな 隠

698 攝政太政大臣 いそのかみ布留野のざさ霜を經て一よばかりに殘る年かな 隠

699 前大僧正慈圓 年の明けてうき世の夢の醒むべくは暮るとも今日は厭はざらまし 隠

700 權津師隆聖 朝毎のあか井の水に年暮れてわが世のほどのくれぬるかな

701 入道左大臣 いそがれぬ年の暮こそあはれなれ昔はよそに聞きし春かは 隠

702 和泉式部 かぞふれば年の殘りもなかりけり老いぬるばかり悲しきはなし

703 後□大寺左大臣 いしばしる初瀬の川のなみ枕はやくも年の暮れにけるかな 隠

704 藤原有家朝臣 行く年ををじまの海士の�
�れごろもかさねて袖に波やかくらむ 隠

705 寂蓮法師 老の波越えける身こそあはれなれことしも今はすゑの松山

706 皇太后宮大夫俊成 今日ごとに今日や限と惜しめども又も今年に逢ひにけるかな 隠

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s